就業規則のガイドラインを指導

 

就業規則のガイドラインを指導

男性は親切のつもりで行っている事でも、相手に取ってはセクハラと感じる場合も出てきます。中には意図的に行っている人もいますが、その場合は会社の風紀も乱しまた、社員のやる気も大きく削いでしまいます。会社としてはこのような人材には早く会社を去って欲しいと思うものです。


しかしこのような労働問題に強い弁護士を雇わないと、色々と話が拗れ問題の社員を解雇できないばかりか、会社全体に停滞感が留まり悪い影響を与える事になります。私の会社でもセクハラかと思われる訴えがありましたが、専門知識を持った弁護士に同席してもらい、誤解を解くことが出来ました。


このセクハラ事件を元に会社の就業規定を改め、しっかりとしたガイドラインを作って社員の間で誤解が生じないように、社員が安心して働ける環境を作っています。


社内の損害賠償に強い弁護士

会社の業績は上がっているはずなのに、利益がなかなか出てこない。即調べてみるどうも社員の中に不当に交通費や接待費を請求している人がいるようです。一人でやっているのであれば損害額もそうでもありませんでしたが、グループでやっていると言う悪質さ。何とか損害弁償をと考えていますが、自分の力だけではちょっと…。


インターネットで探してみると、会社が抱えやすいこのような不当社員に対する損害賠償や、セクハラやパワハラなどの労働問題を専門に扱う弁護士がいるようです。ネットで相談予約が出来るのでそれの対応でお願いしてみようかと思います。


ネットで見つけたこちらの法律事務所は社労士の資格を持った経験豊富な弁護士の先生が対応してくれるようで、特に労働問題の解決実績も豊富な弁護士とのこと。心強い限りです。


損害賠償だけでなく、誤解から生じやすいセクハラやパワハラにならないような就業規則の見直しや、ガイドラインの指導もしてくれると言うのでちょっと期待しています。


解雇通知や退職勧告なども代行

会社の社員は家族と一緒大切に扱っていますが、時折私の見る目が無いためか、心も問題を抱えた人たちが入社する場合があります。たった一人の社員のために全体がやる気をなくしたり、会社の雰囲気が悪くなり業績にも影響を与えることが出てきます。


問題がある社員を解雇したいと思っても、どの様な形で退職勧告を行うかが鍵になってきます。そこで頼りになるのがこのような会社での問題、労働問題を専門に扱っている弁護士です。セクハラや不当労働また社員に対する損害賠償などを行っているので、経験も多く裁判とならなくとも解雇通知や退職勧告などを代行してくれるようです。


ネットで相談の予約をすることが出来るようですので、まずは相談してみるものいいかも知れませんね。


 
コンテンツ